なぜ絵を描くと気持ち悪がられらのか?

みなさんこんにちは
冬乃春雨です。

みなさんは絵をバカにされたことはありますか?

私はあります。

大好きなものをバカにされるのは非常に腹がたつし、悲しい気持ちになります。

ではなぜバカにしてくるのか、なぜあいつはあんなこと言ったのか。その上で私たちはどのように対応すればいいのでしょうか?

そんな理由と対応を解説していきます。

それでは〜…

絵をバカにされた私の経験

まずは私の経験から話す必要がありますね。

まず誰が私の絵をバカにしたのか?

友達なのか、親なのか兄弟なのか

「先生」でした。

高校の授業中、廊下側から2列目の一番前の席に座っていました。その授業でわたしは落書きをノートに描いていたんですね。それが先生に見つかってしまったのです。

私は「あ、授業中に落書きしてたから注意される」と事前に察しました。そして先生はこう言いました。

「そーゆーの、描かない方がいいよ」

私は「授業中に落書きするな!」と怒られると予想していたのに、まるで絵そのものを否定するような発言。

文字で見るとそのように見えませんが、仕草や表情は否定的でした。

この時初めて明確に絵をバカにされました。

その相手が「先生」だとは思いませんでしたが…

でも私はそれでも絵を描くのはやめなかったです。気づいたら描いてました。紙とペンがあれば勝手に描いてしまっていたので、そのまま絵を描き続けましたね。

このような経験がありました。

暗くなってしまったので、次は本題に行きましょう!

絵をバカにするたった2つの理由

絵をバカにするには2種類のバカにされる理由があります。

もしかしたら他の理由があるかもしれませんが、概ねこの2つに集約されます。

「下手だから」「気持ち悪いから」

まず「下手だから」について

これは絵に限らず色々な分野でバカにされます。

サッカーが下手、足が遅い、勉強できない、音痴などなど

「下手」とは他人にとって悪なのです。

そこに論理的な理由はありません。

「下手なのに描いてるとか恥ずかしいと思わないの?」というその人が私の立場だったら感じることをぶつけているのです。

なんかこちらとしては本当に腑に落ちませんよね。


次は「気持ち悪い」について

気持ち悪い理由については色々あると思います。

「絵そのものを嫌う」人種もいるでしょう。

これに関しては「そういう価値観」というしかありません。完全に相容れない人種です。

または「絵を描いているお前が気持ち悪い」という意味で完全な人格否定をする人もいます。

これも完全な主観です。

「絵を描いている私=気持ち悪い」は絶対に成り立ちません


ここまで理由を読んできて気付きませんか?

お前が言ってる理由は理由になってない!知りたいことが何も知れてない!

こっちは理由が欲しいんだ!なのに主観だ価値観だ何も解決しないじゃないか!

そう思いますよね。

これだけしか述べないのであれば私もそう思います。次の章でそれを解説します。

バカにされる私たちはどうしたらいいのか?

前回の章で「バカにされる理由」が理由になってないことに気づいたと思います。

これ実はバカにされる理由に理由がないんです。

単なる「イライラの解消、自分より優れている者の否定」あるいは「絵なんて描くなと育てられてきた」もあるかも知れません。

結局全部主観的な理由であり、客観的で論理的な理由は明確に存在しません。

私たちは嫌う理由がわかっていない人に否定的な主張を押し付けられているのです。

ではそんな人に私たちはどう対処したらいのか?

無視です。

それができたら苦労しないよなぁと思うかも知れません。ではこんな言葉を知っていますか?

「自分が操れるのは自分の行動と思考だけ」

人は思った通りに動かないし、言った通りに改心しません。

相手にも相手の価値観があり、それまでの経験則で動き考えるからです。

なので私たちが絵をバカにされた時にできる唯一の対処法は「自らの思考と行動」を変えることになります。

私がなぜ先生にバカにされても絵を描き続けたのか?

心が折れずにどうでもいいと思えるようになったのか?

私はバカにされた時にこう思いました。

「なんやこいつ?頭悪い」

「そーゆーの、やめた方がいいよ」と言ってる時点で相手のことを操ろうとしています。それは絶対に不可能かつ無意味で無価値な行動です。

自分の人生において何を価値と感じるかは自分で決めなさい。

決して他人に決められるものではありません。

他人の発言で好きを奪われる人生が幸せだと思いますか?

他人の価値観に従って幸せになれると思いますか?

相手のことは気にしない。だから無視が一番の対処法なのです。

きっと私よりも酷い仕打ちを受けた人は大勢いるでしょう。

その人たちに私の言葉が届くかはわかりません。だけど描き続けてください。

私は今幸せです。

バカにしてくるやつに負けるな!

まとめ

いかがでしたか?

今回は絵をバカにしてくる理由とその対処法について書いていきました。

今は辛いと思いますが、踏ん張ってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

About the author: 冬乃春雨