なぜ模写が重要なのかその理由を徹底解説!

なぜ模写が重要なのか。

あなたはその理由を明確に答えられますか?

絵を上達させる上で模写が大事ということは広く知れ渡っています。

しかしその理由を答えられる人は非常に少ないです。この理由を知っているか、いないかで模写の効率が格段に上がります。

ただ何も考えずに模写をするだけで絵のクオリティが上がるわけではありません。

絵が上手くなるための「模写の本質」を理解し、それを実行しなければなりません。

こう聞くとすごい難しいことを言いそうな雰囲気出してますが、その条件はとても簡単なことです。

なので模写が重要な理由を見ていきましょう。

それでは〜・・・

模写が重要な理由

模写が担っている役割は「暗記」です。

この暗記は絵を描く上でとても重要になってきます。以下がその理由です。

脳内解像度を上げる

一つ目は脳内解像度を上げるということです。

もっと簡単にいうと、

「描こうとしている物がどういう見た目をしているのかを頭の中で鮮明に思い浮かべる能力」を上げることができる

ということです。

純粋に形がわからないもの、どんな構造か知らないものはどんなに素晴らしい絵師さんであっても描けません。

だって知らないんだもん!!

模写をすることによってその形を明確に理解できる。はっきり脳内で思い浮かべることができる。

だから脳内解像度が上がるということなんですね。

もちろんこれは練習で模写を描く時にできるものではなくて、実際に本番でもよくわからないものは資料を見て解像度を上げていけばいいのです。

描き方の暗記

二つ目は描き方の暗記です。

さっきは「形の暗記」だったのに対してこれは「手の動かし方の暗記」を指します。

初見模写で描ければそれでいいのですが、初心者であればあるほど初見で正確に描くのは難しいと思います。

だからこそ「どう手を動かせば同じになるのか」を意識することによって効率よく描けるようになります。

また効率よく描けると一枚を描くスピードも上がります。

模写でやってはいけないこと

上記では模写をする際の重要性を述べました。

しかしそこにはもちろん注意点も存在するのです。

描き終わった後何が違うのか観察しない

できないをそのままにしてはいけません。

必ず何か違うところがあります。それが個性と言えるようなものであるならいいのですが、「形がおかしい」「影がおかしい」など表現的に正しいものであった方が良いです。

それも個性だ!といえばそこまでですが、

「同じように描けない」「同じように描かない」は全く違います。

なのでどのように描けばいいのかしっかりと観察しましょう。

納得するまで描き直さない

観察だけで止めてはいけません。

「模写の重要性」で脳内解像度と描き方の暗記二つの観点から解説しました。

この場合「観察」が脳内解像度を上げる行為です。なので観察だけでは足らず、「描き方の暗記」をします。

この行為は描き終わった後にも必要になります。

「描く前」も「描いた後」も描けなかった事実が存在するので、そのままにすることは避けましょう。

描き直すという癖をつけることはオリジナル作品を描くときにも必ず生きてきます。より高いクオリティーを確保することができるのです。

だからしっかりと描き直しを行なってください。

【重要】自作発言しない

これは当たり前ですよね。

人が描いたものを写して自分が描いたという行為はその絵師さんに対して非常に失礼なことです。

また、「〇〇さんの絵を模写してみました!」なんてツイートや投稿もやめましょう。模写したものを世に出すこと自体がそもそも論外です。

二次創作やカバーは原作者の許可や契約に基づいて成り立っています。そこにはしっかり法と秩序があるのです。

もし模写した絵を世に出したいのであれば、必ず原作者に許しを得てからにしましょう。

まとめ

模写をする意味は「暗記」をするためという非常にシンプルな答えになりました。

皆さんも様々な絵を模写して、画力を上げていってくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

About the author: 冬乃春雨