絵が上手くなる影の二つの使い方!

影が描けるようになるとそれだけで絵が華やかになりますよね!

今回はそんな影の二つの使い方を解説します。

それでは〜…

影をつけるとなぜ華やかになるのか?

影をつけるとイラストの全体的な印象は暗くなりますよね。

でも影をつけると華やかになることは事実です。

ではなぜ影をつけてるのに華やかになるのか?

それは影自体が華やかなものではないんですね。

それ以外の影が当たっていない部分があって初めて華やかになります。

もちろん影がなくてもとても魅力的に仕上がることもあります。

しかしそれは考え抜かれた配色があってこそ実現する技術ですので、最初のうちはキャラに影をつけたりするのをお勧めします。

正しい影の付け方や、考え抜かれた構図が影に華やかさを加えるのです。

では次からどんな影の使い方が華やかになるのか、具体的に解説していきます。

影の使い方:立体感

最初の使い方は立体感を描くための影です。

こんな感じの影です。

これは皆さんもよく使う影の使い方なのではないでしょうか?

影をつけるだけで劇的にリアル感が出てきます。

でも影をつけるのってとても難しいですよね。

そこでオススメなのは上のようなアニメ塗り。

光源を決めてその反対にくっきりとした影をつけるだけで立体感が生まれます。

もちろん各部位によって影のつけ方に差が出てくるのですが、まずは肌からどこに影がつくのかアニメを見ながら研究してみてください。

さらに立体感をつけるならギャルゲ塗りや厚塗りな度があります。

ギャルゲ塗り
厚塗り

このように影の塗り方を変えるだけで印象はだいぶ変わります。

アニメ塗りをマスターしたらいろんな描き方を覚えてみてください。

影の使い方:物陰

この影の使い方をしてる人はあんまりいないんですよね。

だけどこれをするだけでかなり印象が変わります。

以下の絵をみてください。

この絵は桜を中心として春の色をふんだんに使った絵になります。

しかしとてものっぺりとしていてあまり美しい絵とは言えません。

全ての色が淡く、緩急のないイラストです。

別の絵を見てみます。

この絵は天井の物陰ができていますね。

それが床に写っています。

こちらの方が華やかに見えますよね。

先ほども言いましたが、影が華やかに見えるのは影以外の部分が目立つようになるからです。

よくよく考えてみれば当たり前の話です。

暗い部屋と明るい部屋、どちらで懐中電灯はより光るか?

と聞かれたら必ず暗い方です。

暗いからこそ魅力的なイラストが描けるんです。

物陰を落とすのはキャラクターがメインのイラストでも効果を発揮します。

このようにキャラクターをメインで描くと(立体感の)影をどこにつければいいか迷ってしまうんです。

しかし

人に影を落とすことでより魅力的になります。

見えない位置にものを配置することで奥行きや空間を感じられ、見ている人の楽しむ幅も広がります。

皆さんも立体の影と物陰をマスターしてくださいね!

まとめ

いかがでしたか?

今回は2種類の影について解説していきました。

影をマスターしてイラストを魅力的にしましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

About the author: 冬乃春雨