SNSじゃ広がらない!自分の絵を広める方法!?

みなさんこんにちは
冬乃春雨です。

みなさんはどのように絵を広めていますか?

現代ではSNSというとても便利なものがあるので以前よりも簡単に知れ渡ることができます。

しかし、本当にやるべきことはそれだけなのか?

今回はイラストレーターが絵を広める方法について解説していきます。

それでは〜

SNSだけじゃもう広がらない!?

みなさんの多くはツイッターやインスタ、pixivなどで絵を投稿してる人が多いと思います。

これらはどのように絵が広がっていくのか?

  • ツイッター: リツイート、引用リツイート
  • インスタ: タグ、引用投稿
  • pixiv: タグ、ランキング

このような感じです。

確かにこれは簡単に広まるし話題性がありそうです。

しかし気づきませんでしょうか?

これらの多くはフォロワーさんがいてその人に発信するものです。

ツイッターの場合ならリツイートするのはフォロワーさんが決めます。

なので、自分が「広めたい」と思ってもフォロワーさんが「広めたい」と思わない限り広がらないのです。

またこれらの「SNSで投稿すること」は「すでにフォロワーの方がフォローし続ける理由」であって、「新規フォロワーが増える」にはならないのです。

もしSNSだけで広報活動をするとなると確実に運の要素が前面に出てきます。

だからSNSだけでは難しいと言わざる終えません。

ではどのように広報活動をしていけばいいのか?

イラストレーターがやるべき広報活動

それでは具体的に考えていきますが、SNSは基本的に「既にフォローしているファン」いわゆる「固定フォロワー」に対してやる広報活動です。

SNSのように一定の決まった人数に宣伝をするのではなく、「新規フォロワー」を得るためには不特定多数の人に宣伝することが必要になります。

よく考えればテレビのCM、電車の広告、看板広告など不特定多数の人が見るためのものなんですね。

だから我々も不特定多数の人に見てもらえる場所に絵を置けばいいというわけです。

では具体的ににどんなものか?

出展する

まずは出展です。

イラストのイベント出展や既存のお店に出展ブースなどが設けられ、そこに出展する機会があります。

もちろん出店料として2000〜10000円くらいの料金はかかります。

しかし出展は先ほど言った不特定多数の人に見てもらうことができます。

さらに出展イベントに来る人は高い確率で絵が好きな人です。

なので新規ファンになってくれる可能性は十分にあります。

ブログやyoutube

ブログやyoutubeも不特定多数の人に知ってもらえる機能があります。

ブログは一回記事を出せば半永久的にグーグル内で表示され続けます。

しかもその人たちは「自分の絵」を求めているわけではなく、自分が欲しい情報にたどり着ければいいのですから「新規ファンになりうる人」の部類になります。

youtubeも同じようにチャンネル登録という固定ファンをつける機能はありますが、おすすめや急上昇という機能もあり不特定多数の人に見てもらえると可能性が十分にあります。

さらにこの二つはバズれば広告収入を得れる可能性もあるのでおススメです。

ココナラ

ココナラとは簡単にいうと「フリーマーケット型のスキル販売」と言い換えることができます。

スキル販売というようにイラストも販売することができます。

販売というと売ることだけが目的になりがちですが、このココナラも不特定多数の人が自分のイラストを見てくれることになります。

もちろん買うのが目的であって、推し探しをしているわけではありませんから上の二つよりかは難しくなってしまいます。

しかしその中でもリピーターになっていただいたり、仲良くなっていくことも少なくありません。

また一回購入やりとりしていると親密感やどんな人なのかがわかりやすく、他の広報活動とは得られない強いつながりが発生します。

さらに広報活動の他にイラストの販売も行うことができるのでオススメです。

まとめ

いかがでしたか?

今回はイラストレーターがやるべき広報活動について解説していきました。

皆さんも色路な活動をして多くの人に絵を見てもらってくださいね!

俺では最後まで読んでいただきありがとうございました!

About the author: 冬乃春雨

Leave a Reply

Your email address will not be published.