ココナラでイラストを5000円以上で売る方法!

みなさんこんにちは
冬乃春雨です。

駆け出しのイラストレーターがイラストを売る時に役に立つのがココナラというアプリです。

ここでは色々なクリエイターが様々な技術を売っています。

イラストもそのうちの一つですが、「イラスト自体が安くなっていてよくない!」という意見もちらほらあります。

今回はココナラにおいて一般的な値段でイラストをうるにはどうしたらいいかを解説していきます。

それでは〜・・・

一般的なイラストの値段

まずは一般的なイラストがいくらで売られているのかを知る必要があります。

以下の料金表を基準押して考えていきます。

  モノクロ カラー
カットイラスト 3000〜8000円 5000〜20000円
本、雑誌、パンフレッド ✖︎ 40000〜100,000円
広告、ポスター ✖︎ 100,000円
WEBサイト ✖︎ 60000円〜
ゲーム ✖︎ 60000円〜

もちろん人気や技術、能力によって上下します。

そして駆け出しのイラストレーターならそこまで能力は高くないので最低レベルの料金からスタートする必要があると思います。

それはなぜかというと能力があっても信用ができないからです。どんなに能力があっても納期を守らなかったり、指示と違うことをやってしまうことは相手にとって損害になります。

なので駆け出しの場合はその信用がないので能力があっても最低レベルスタートをすることが多いでしょう。

ココナラで売る場合、この上の料金表に当てはまる種類のイラストで料金を決めていきます。

ココナラではどのような人が何を求めているのか?

顧客の層どんなイラストを求めているのかを考える必要があります。

客層は若い人がとても多いです。そして企業で頼む人よりも個人で頼む人方が確実に多いです。

ほとんどが個人の依頼と考えてください。

その中にはまだ学生の人もいたり、社会人の方もいます。体感知的には10代後半から2,30代がほとんどだと思います。

そしてその個人はどんなイラストを求めているのか?

だいたい「アイコン」です。

ツイッターやブログ、インスタ、YouTubeのアイコンヘッダーを描いて欲しいという依頼がほとんどになります。

ということは個人のアイコン依頼が主な仕事内容になります。

ではここで料金表に当てはめるとアイコンはカットイラストの部類になります。

一枚の紙に一つ絵を描くようなものです。

なので最低金額5000円ということになります。

ではどうやったら5000円でも買ってくれる人を増やしていくのかそれを考えていきます。

ココナラで5000円でイラストの依頼を受ける方法

依頼者の客層を絞る

まず大切なのは客層を絞りましょう。

これをビジネス用語でターゲティングと言います。

どんな年代に?性別に?を絞ることによってその層に刺さるようなイラストを提供していきましょう。

客層を絞ると求められる人の数が減るのでどうなの?と思うかもしれません。

しかし全ての年代性別に共通して求められているイラストはありません。

だから客層を絞りましょう。

では5000円でイラストを買ってくれる客層はどこでしょうか?

完全に社会人です。もしくはバイトをしている大学生。

少し資金力がある人を対象にしないと5000円ではなかなか買ってくれません。

5000円で売るなら学生対象はやめておきましょう。

どんな人かを考える

どんな人を考えさらにターゲットを絞っていくことをセグメンテーションと言います。

資金がある人を対象にイラストを描いていくと決めた時、どのようなイラストが求められるのかを考えていきます。

これは何に使うかによって分かれます。

例えば美少女イラストをインスタで使いたいと思うか?

ごちゃごちゃしたイラストをYouTubeのアイコンで使いたいか?

アートちっくなイラストをビジネス系ブログで使って効果があるか?

このようにイラストのアイコンには得意分野と不得意分野が存在します。

「ツイッターなら美少女がいいし」、「インスタならおしゃれなイラスト」、「ブログはパッと見て意味がわかるイラスト」、「YouTubeはアイコンが小さいからシンプルなもの」これに合わせてイラストを描いていく必要があります。

そうすることによって見つけてもらう率と買ってもらう率を上げることができるのです。

お客さんの不安を払拭する

不安を感じるお客様が多く、中には初めてイラストの依頼をするというかともいらっしゃいます。

その方達のために必要以上に不安を払拭しなければなりません。

とんな不安があるのか?

  1. 作品クオリティは高いか?
  2. 高いクオリティを自分にも反映してくれるのか?
  3. 完成できないことはあるのか?
  4. もし気に入らなかったらどうしよう

このように考えることが多いです。

1、2に関しては当たり前の話ですね。

むしろ5000円払うだけの価値はイラストのクオリティといっても過言ではありませんので、こちらは自分である程度研究する必要があるし、それをかけるよう技術を維持向上させる必要があります。

これらの不安を払拭しなければなりませんので解決策を考えていきます。

ポートフォリオを作る

ココナラ内には自分の今まで描いた作品を載せる事ができるポートフォリオが存在します。

ポートフォリオに掲載する方法もとても簡単で感覚的にできます。1、2の作品クオリティの不安はここでなくす事ができます。

評価の高水準化を目指す

評価が高いサービスはそれだけで信頼されます。

ありがたいことに私自身は全てのお客様に最高評価をいただいており、評価を常に星5を維持しいます。

そのコツとしてビジネスメールのように接するのでなく、文章も少しくけても問題ありません。

砕けてもいいというのはタメ口でいいというわけではなく、!を使ったり、感情に共感したり、思いやりを持って接する事が大切です。

さらに一歩先のご提案をお客様にできると喜んでくださる方が多いです。

一歩先の提案は別記事に書きたいと思います。

とにかくお客様の信頼を獲得することを第一に考えるとことを意識し、真摯なやり取りをしていれば問題ありません。

制作過程の詳細をサービス内容に記載する

最後は気に入ってもらうためにサービス内容を充実させる事が大切です。

購入する前に見れるサービス内容は購入するかどうかの最後の足がかりになります。

「気に入るかどうかの不安」を払拭するためには「気に入るまで付き合う」事が大切です。それをサービス内容欄に描いておきましょう。

私の場合は「ラフのみ何度でも修正可能」としています。

さらにお互いにイメージにズレが無いように「購入後詳細な質問する」という内容も描いています。

こうすることによって気に入らないかもしれない不安を取り除く事ができます。

だって描くイラストの内容を細かく聞かれるし、満足するまでラフを修正するのですから。

こうして買ってもらうための布石を打つことによって「買うか迷う」から「買ってみようかな」に変える事ができます。

しかしまずはイラストのクオリティを上げる事が大切ですので頑張りましょう。

作品のクオリティを上げるまでにやった事とココナラで徐々に料金を上げていく過程の記事を貼っておきますので興味があったら見てください。

まとめ

いかがでしたか?

今回はココナラにて5000でイラストを売る方法を解説していきました。

  • ターゲティング
  • セグメンテーション
  • 不安の払拭

これらをしっかり守ってイラストをどんどん売っていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

About the author: 冬乃春雨

Leave a Reply

Your email address will not be published.