ポートフォリオの作り方イラスト選択編

ポートフォリオを作ったことがない人からしてみれば未知なる領域ですよね。

どんなイラストをどんなサイズで何に印刷すればいいのか全くわかりません。

今回はイラストの制作からポートフォリオ完成まで細かく解説していきたいと思います。

それでは〜…

イラスト制作

テイスト

ポートフォリオに載せるイラストはどんなものがいいのか?

ただ自分が好きなものを載せるだけではダメ。

ポートフォリオは仕事を獲得するための営業ツールです。

その企業はどんなイラストのテイストが使わっているのか、また業界によっても必要なテイストは違います。

出版社

新聞社

デザイン事務所

広告代理店

ゲーム会社

ウェブ制作会社

音楽プロデューサー

テレビ局制作部

雑貨の企画販売会社

これだけの種類の業種がイラストを必要としていて、どんなテイストが必要かそれぞれちがうので、自分のイラストはどの会社に合うのか調べてみましょう!

枚数

枚数は多すぎても少なすぎてもよくありません。

具体的な数字としては30枚以上は多すぎです。

ポートフォリオを見る方も自分の仕事があるので多すぎると時間がかかってしまい、全部見切ることができません。

逆に少ないのはどんなテイストのイラストが得意なのか、画風は変えられるのかなどを把握できません。

ポートフォリオ5枚前後では少なすぎます。

ではベストは何枚か?

結論は15枚前後です。

15枚なら上の要件をを全て満たせると思います。

しかしイラストを15枚なので表紙や目次、イラストレーター情報などを載せるとなると合計20枚くらいになると思います。

どんなイラストを選ぶべきか?

そこで一番気になるのがどんなイラストを選ぶか。

これは大きく分けて3つしかありません。

1 得意かつ好きなように描いたイラスト

2 1と違うテイストのイラスト

3 その業界企業に合ったイラスト

これだけです。

もし有償イラストや受賞イラストなどがあればそれを入れましょう。

またラフを入れると取引を実際にした時のことを想像しやすくなります。

なのでこれまで説明した通りにポートフォリオを作るとしたら

  • 表紙1p
  • 目次1p
  • イラストレータ情報1P
  • 有償、受賞イラスト、自分が得意なイラスト5〜6p
  • 違う画風 3〜5p
  • 業界にあった画風3〜5p
  • ラフ 1〜2p
  • 連絡先などのイラストレーター情報1P

このように割り振ることをお勧めします。

あとは名刺を入れ、できるなら背表紙もあったほうがいいでしょう。

そうすれば棚にしまった時にどんな人がどんなものを描くのかがわかります。

イラスト情報を載せよう

そして重要になってくるのがイラストの情報です。

営業先の人がよりわかりやすく、どんなイラストを描いてなにで何時間かかったのかなど、そのイラストの補足情報をつけることで

「あー、この人はこういう仕事ぶりなんだな」

というのがわかりますし、それに合致した仕事があれば依頼が来るかもしれません。

なのでイラストの情報はとても大切になってきます。

書いた方が良い情報は

  • タイトル
  • 制作ツール
  • 制作時間
  • コンセプトと要望

コンセプトと要望とは何か?

いきなり「コンセプトと要望を書け!」を言われてもわかりませんよね。

まぁ用は自分が描いたイラストは

なにを意識して描いたのか

依頼されたものならその要望は何か

世界観はなにを設定したのか

などそのいらすとがどのような思考と感情で描かれているのかを詳しく説明しましょう。

しかし「可愛いと思ったから」などはダメですよ!

設定された世界観を忠実に再現していくことは仕事をお願いした時もそのように描くことができる証明になります。

なのでしっかり書くようにしましょう。

次回は印刷してファイルに詰めていきますよ!

まとめ

今回はイラストの作成や、選ぶべきものなどを解説していきました。

  • 枚数は15枚程度
  • 得意なイラスト、違う画風、企業の画風に合わせて描く
  • イラスト情報を書く

最後まで読んでいただきありがとうございました!

About the author: 冬乃春雨