【超簡単】たったの4工程でかける木の描き方がやばい!?

今回は木の描き方を解説していきます。

木を描く時何を意識して描いていますか?

実は木ってめちゃくちゃ簡単なんです。

工程はたったの4つ!

どんな描き方なんでしょうか?

それでは〜…

木を描くための四つの工程!

まずは木を描くために必要な要素は何か?

必要なのは4つの工程!

  1. シルエット
  2. 模様
  3. 温度

これだけで木になります!

この中で一番こだわらなければならない工程は模様の部分です。

岩の描き方ではテクスチャーブラシを使って難しい質感をカットしましたが、今回は手書きで模様を描いていきます!

しかし木の質感はそこまで難しくないので安心してください。

ただ線をちょちょって描くだけなので笑

次章から描き方に移っていきます!

木の描き方

シルエット

まずはシルエットからですね。

木っぽいシルエットを描きます。

ちょっと変な四角いのがありますが気にしないでください。

この時気をつけることはたった1つだけ。

枝の分かれ目が太くならないように気をつけてください。

特に幹から複数に渡って枝分かれする時太くなりがちになります。

なのでシルエットでは全体的なバランスを見ながら「この木は美しくなるか?」と自問自答しながら調節していってください。

模様

次は模様になります。

模様は木によって違いが出てきます。

今回は桜の木と設定して描いていきます。

普通の木は縦長に模様ができるのですが、

気をつける点としては

  • 桜の木は短く縦に伸び、さらにそれが木を一周するかのように模様が出来ている
  • 枝分かれしている部分も同じように描く
  • 色はシルエットの色より暗い色、少し明るい色で模様を描いていく

明度に差をつけるだけでなく、彩度にも差をつけると情報量が多くなります。

これで模様は終了です。

次はいよいよ影を描いていきます。

影は立体感をつける非常に重要な要素になりますので手を抜かずに描いていきます。

まずは光源を決めます。

その後乗算レイヤーをクリッピングし、光源の反対側になる場所に影を置きます。

この時気をつけて欲しいのは、必ず影を塗る向きを縦方向に塗っていきましょう。

影を塗るときは形に合わせて塗っていきます。

そしたら影を塗った境目を柔らか消しゴムで消していきます。

影を物体になじませていきます。

なじませ方は自由です。

私の場合は「柔らか消しゴム」を使ってなじませることが多いですが、「ぼかしツール」を使ったり「塗った影より薄い色を境目に塗ったり、その方法は様々ですので自分に合ったやり方で描いてください。

それでは乗算モードのレイヤーをさらにもうひとつ作り、影を描き込んでいきます。

影は一色しかないわけではなく、影の中に影ができたりするので二重で影を作る必要があります。二重で影ができる条件として

  • 葉の影
  • 枝の影
  • 木以外の影

この三つが考えられます。

またより立体に見せるために影を濃くすることにも使われます。

今回は影を濃くする方で使っていきます。

この影も光源を意識して反対側に軽くつけていきます。

このときブラシはテクスチャーブラシを使ってさらにザラザラとした質感を出しています。

このテクスチャーブラシはお好みのタイミングで使ってください。

木の模様を描いた後に乗算レイヤーで全体に塗っても構いません。

温度

最後の工程になる温度を描いていきます。

温度は影の冷たさと光の暖かさを描いていきます。

まずは乗算レイヤーをクリッピングし青がかった灰色を影に足していきます。

青い色を使うことによって冷たさを演出できます。

この技はどこにでも使えるので是非色んな場所で使ってみてください。

今度は光を描いていきます。

光を描くときはオーバーレイレイヤーで描いていきます。

加算・発光にしない理由は「光すぎてしまう」ためです。

光そのものを描くときは「加算・発光」を使う方がいいのですが、今回は光っているそのものを描いているのではなく、光に当たっているものを描くのでオーバーレイレイヤーを使います。

エアブラシの不透明度(30)を落とし、光の当たるところに少しずつ塗っていきます。

今回は少し白っぽいオレンジを使ってます。

一気に塗ってしまうと光すぎてしまったり。違和感が残るからです。

これで木の幹が完成しました!

次回はこの幹に桜を描いていきたいと思います。

まとめ

いかがでしたか?

今回は木の描き方を解説していきました。

今度はこの絵に桜をつけていこうと思います。

それまでに木を練習しておいてくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

About the author: 冬乃春雨