岩の描き方

自然物を描くのって難しい!

と思う方は多いかもしれません。

しかし慣れて仕舞えば簡単なことです。

今回は簡単に岩を描く方法を解説していきます。

岩を描く上で重要なポイント

岩を描くとき何を一番意識して描けばいいのか?

岩はシンプルな形をしているため、それゆえとても難しいです。

意識するポイントは二つのみ!

「影」と「冷たさ」

の二つです。

何を描くにしても影はとても重要になってきます。

影さえあれば立体感生まれますので必ず意識して描きましょう。

それに比べてポイントの「冷たさ」という点は意外だったのではないでしょうか?

ある人は「質感」と答えるかもしれません。

しかし「影」だけでは少しもの足りません。

なので注目するのは「温度」です。

質感を描き込むよりよっぽど簡単なので「冷たさ」を意識しましょう。

岩の描き方

それではポイントを押さえたところで、描き方に入っていきましょう。

工程は4つです。

  1. 質感
  2. 温度

2の質感はテクスチャーブラシを使いますのでただ塗るだけです。

それでは早速解説していきます。

岩の描き方:シルエット

まずはシルエットをを描きます。

岩のシルエットを描く時はペンブラシで描くと良いでしょう。

他の水彩や油彩ブラシでは輪郭がぼやけてしまいます。

なのでペンブラシで輪郭をはっきり描きましょう。

またこの時形はなんでもいいのですが、シーンによって岩の種類は変えましょう。

河原の場合は丸い石

上流の場合は大きな角ばった岩

崖のような岩肌

背景によって岩の形も色も変わってきますので他の景色と一緒に描く時は気をつけてみてくださいね!

岩の描き方:質感

次は質感になります。

先ほど言ったように質感はテクスチャーブラシを使って質感を出していきます。

クリスタの無料でダウンロードできる質感ブラシがあります。

×ェ×さんの「厚塗りブラシセット」がオススメです。

その中の「モデペパステル/荒れ」を使うといいでしょう。

私が使うのはよー清水先生配布のブラシを使います。

こちらは書籍を購入しないと手に入らないので欲しい方は購入をお勧めします。

でも「モデペパステル/荒れ」を使えば質感を出せるので問題はありません。

それを不透明度を下げだ状態で新規レイヤーを乗算モードにてテクスチャーブラシで全体のバランスを見ながら描き足していきます。

少し影を意識して濃いめのテクスチャも描いていきます。

質感はこれだけで構いません。

ここに影を描けば岩に見えます。


次の工程に行く前にやることがあります。

それは岩にグラデーションをつけることです。

硬いもの(例:家、鉄など)に共通することなのですが、地面に置かれた硬い物体は太陽光が地面にあたり、それが反射されたことによって少し下の方が明るくなります。

なので岩にもこの反射光を描きます。

難しいことは何一つなく、不透明度を下げたエアブラシで下の方を少しなぞるだけです。

岩の描き方:影

まずは岩の形を決めていきます。

光源を決め、(この場合光源左)新規レイヤーを乗算モードにして塗っていきます。

↓面を気にしながらどこが一番暗くなるのかを考えて描きましょう。

私が暗くしたのは光源の反対側と側面になります。

形も不規則に描くと自然物っぽくなります。

影はこれだけではありません。

さらに細かな凸凹を描いていきます。

岩の角の部分は凸凹していますが、これでは面の部分がゴツゴツしていません。

不自然なので角の凹凸に合わせて面にも凸凹を描き足します。

レイヤーは新規でもそのままでも構いません。

一定方向だけでなく様々な方向に影を描くようにしましょう。

ここで光も描いてしまいます。

オーバーレイレイヤーにしてテクスチャーブラシで薄くなりましょう。

岩の描き方:温度

最後は温度になります。

なぜ温度を描くかというと光の性質に「吸収」があります。

吸収は光が物に当たりその光を吸収し熱を帯びるようになります。

そのため光が当たっているところは温度が高くなりますが、当たっていないところは温度が低くなります。

しかし岩を赤くしてしまうといかにも高温になってしまうので、影の「冷たさ」を描きます。

新規レイヤーを乗算モードにし少し青がかった灰色を使います。

↓影の部分に冷たさを塗っていきます。

何重かにして暗くしていくとさらにリアルになります。

これで岩は完成です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は岩の描き方を解説していきました。

ポイントは「影」と「冷たさ」です。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

About the author: 冬乃春雨