【イケメン】男の描き方!基本を抑えて色んなタイプの男の人を描こう!

みなさんこんにちは
冬乃春雨です。

「男性キャラが描けない!」

「女の子ばかり描いてきたから描き方がわからない」

「かっこよくならない」

そんな悩みを抱える人に男の描き方を解説していきたいと思います。

それでは〜・・・

【基本】男の描き方

まずは男の人をどのように描いていけばいいかを解説します。

大体のキャラクターに当てはまるものなので迷ったらこのポイントに当てはめて描いていくといいと思います。

  • ゴツゴツしている
  • 曲線はほぼない
  • 女の子より太い

この三つを意識しましょう。どこにこれらが当てはまるのかは順に説明していきます。

まず解説するのは

  • 顔の描き方
  • 体の描き方

この二つを中心に解説します。

わかりやすいように女の子の描き方と一緒にどこが違うのかを見ていきます!

【男の描き方】顔

1「男の輪郭」

男キャラの輪郭は女の子と違って直線的に描いていきます。

女の子を見てみると一本の線でつながっているのに対し、男キャラは一本で繋がなくても構いません。

ゴツゴツとした輪郭を描きます。

そしてさらに差別化するために男キャラは顎を広めに描くと顔立ちがしっかりして男性的になります。

また男キャラの首は太く描きましょう。逆に女の子は華奢に描いた方がいいので首を細くします。

2「顔のパーツ」

目は男キャラの性格にもよりますが、基本的に女の子より細く描きます。

ぱっちりしためはキュート系の男キャラを描くときに描きましょう!

それに合わせて眉毛も太くします。眉毛でも男性を表現できます。

あとは鼻筋をしっかりと描きます。

女の子の場合は「点」だけでもいいのですが、男キャラはデフォルメせずそのまま鼻筋まで通します。

男キャラの顔の基本は以上です。

【男の描き方】体

女の子の場合は、体も顔の輪郭と同じように一本の線で繋げ、曲線を意識して描きます。

しかし男キャラは筋肉がよく浮き出るので、ゴツゴツさせます。

肩幅にも決定的な違いがあります。

男性は広く、女の子は狭く描きます。

それとは反対に骨盤に関して、男性は狭く、女の子は広く描きます。

これは骨格の構造上こうなっているので間違えないように気をつけてください。

手にも違いが現れます。

女の子は細く爪も長く描きますが、男性の場合は太くゴツゴツしていて爪も深爪で描くと良いでしょう!

男が爪伸びてたら気持ち悪いですからね。(個人的見解)

このように基本的に男は筋肉の影響で体がゴツゴツし、男性的に見せるために太めに描く場合がほとんどです。

イケメンの描き方

以上のことを踏まえて今度はイケメンの描き方を解説していきたいと思います。

やはり描くのであればイケメンがいいですよね。

イケメン要素は何で構成されているのかをしっかりと解説しますよ!

しかも結構単純なんですよね。

まずは顔のパーツですが、ぶっちゃけこれは自分の好みの顔になるように調整すればいいと思います。

私の場合は「目が細く」「鼻が高くて」「眉毛がいい感じ」の顔をよく描きますね。

ポイントをいうなら二つです。

  • 顎や首を太くする
  • 鼻とほっぺの高さが一緒

このポイントは必ず押さえておきましょう!

男性らしさと顔面パーツの位置に注意です!

顔パーツの位置や比率などが気になる人はこの二つの記事も一緒に読んでみてください。

女の子で描かれていますが、比率などは男キャラにも使えるので参考にしてください。

では最後にイケメンをイケメンたらしめる要素です。

これさえうまく描けば大体イケメンですね。それは何かというと

髪型です!!!!!

男のメイクは髪型!と言われるくらい(何情報だよ)重要なポイントです!

外ハネと内ハネを使い分けて髪型を描いていきます。

また髪質もこだわって「髪が細く、量が多い」と仮定するとイケメンになります。

もちろん画風によってイケメンの描き方は様々ですし、この描き方がどの画風にも合うわけではありません。

しかし髪型にはこだわりましょう!

髪は男のメイクですよ!

タイプ別の男を描こう!

ここでは4タイプの男のキャラを紹介します。

基本的にどこで差別化するかというと「目元」と「男性らしさの割合」になります。

これをしっかりやればタイプを分けることができるので注意してください。

【タイプ別男の描き方】さわやかタイプ

まずはさわやかタイプです。

このタイプは主人公系や、ラノベなら勇者タイプですね。

どちらかというとイケメンで、人気のあるキャラですね。

特徴としては

  • 目はぱっちり
  • 髪はサラサラorツンツン
  • 外ハネ
  • 口は笑う

これらを意識して描くとさわやかタイプの完成です。

【タイプ別男の描き方】クールタイプ

次はクールキャラです。

どちらかというと主人公のライバル位置関係にあるキャラタイプですね。

クールタイプの描き方は

  • 目が細い
  • 目と眉の間が狭い
  • 顎が比較的細い

こんな感じです。

目の細さや、まゆとの間隔の近さから男性らしさが出ていますが、顎は細めなので女性的でもあります。

男性らしさの中に女性らしさが少しある感じです。

【タイプ別男の描き方】ワイルドタイプ

ワイルドタイプは筋骨隆々、ザ・男!って感じのイメージですよね。

筋肉ゴリゴリのイメージなので、顔も結構ゴリゴリしてないとおかしくなってしまいます。

ワイルドタイプの意識するポイントは

  • つり目で眉毛も太い
  • 顎は四角っぽくもしくは広め
  • 髪は単発ツンツン

これは顔の特徴から100%の男性的です。

このようなキャラに甘い物好きという性格を持たせるとギャップ萌えが生まれますよね。

【タイプ別男の描き方】キュートタイプ

最後はキュートタイプですね。

こちらもクールタイプと同様に女性的な割合が多くなるように描きます。

  • 目が大きい
  • 鼻が低い
  • 輪郭は緩やか
  • だけど首は太い
  • 眉毛も凛々しい

こんな感じで、男性らしさと女性らしさを本来とは逆に描くといいと思います。

男性:女性=3:7くらいの割合ですかね。

まとめ

いかがでしたか?

男キャラの描き方は案外簡単で

  • 輪郭を曲線で描かない
  • ゴツゴツさせる
  • 首や眉毛などを太くさせる

などが基本形です。

そこに女性らしさをどのくらい足すかによってタイプが変わってきます。

男性をかけるように試行錯誤していきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

About the author: 冬乃春雨

Leave a Reply

Your email address will not be published.