【髪の描き方part1】髪の形を魅力的にしよう!

みなさんこんにちは
冬乃春雨です。

今回は髪の描き方を解説していきます。

髪の描き方は結構いろいろなところで出回っていると思うので少し違う視点で髪の描き方を解説していきたいと思います。

この記事は見た目をより可愛くしていく描き方を紹介します。

主に髪の塗り方を解説してる記事もあります。よければ見てください

それでは〜…

【髪の描き方】基本の形をかけるようにしよう!

この基本は髪の毛を正しく描くためのものなので多くのところに出回っています。

なので説明する必要もないのですが、一応説明しておきます。

既視感あるのでみたことある人は飛ばしてください。

まずはポイントを先にまとめます。

  • 髪を紙の束として考える
  • つむじや生え際を意識する
  • ブロック分けする

この3つになります。

髪の毛を紙の束として描く

簡単に言えば薄い紙が張り付いているように描くと髪っぽくなります。

それを基準にストレート、内ハネ、外ハネ、パーマなどの描きわけです。

あくまで毛先の部分の印象なので結構重要になります。

試してみてくださいね。

つむじや生え際を意識して描く

髪は顔面以外の頭全てに生えていますが、描くところは表面のみで十分です。

特に女の子を描くときはつむじのテッペンから一枚の紙を付けていくかのように描いていきましょう。

髪をブロック分けする

そしてつむじから髪をつけるように描くには「ブロック分け」が大切です。

前髪を分けてる人ならわかると思いますが、

「この前髪どっちの人!?」ってことありませんか?こっちに所属するのか、反対側に所属するのか。

どっちかわからなくなってしまう時があります。

なのでブロック分けというのは見た目を美しくするためにも重要な要素なのです。

大きく4つのブロックに分けて髪の所属を決定しましょう。

あとはそこに合わせて髪をつけていくだけです。

【髪の描き方】見た目をよくする髪の描き方

では本題に入っていきます。

雰囲気をよくするためには細部にこだわる必要があります。

もちろん髪なので「どのように線を引くか」

これが大切になってきます。私が意識してるポイントは3つです。

  • 前髪を直線で描かない
  • 毛先を膨らませる
  • 細い毛を描く

これらを意識して髪を描きましょう。

前髪を直線で描かない

前髪を直線的に描かないようにしましょう。

こんな感じで少し巻いているように描くとフワッとした前髪になります。

弧を描くように描いてください。

もし直線で描いてしまうと男子中学生の前髪みたいになってしまうので気をつけてください。

毛先を膨らませて描く

主に後ろ髪あたりの話です。

毛先を広げて描くと肩幅が小さく見え、小柄な女の子を描くことができます。

また髪の長い女の子を描くときも毛先を広げると躍動感のあるイラストになります。

細い毛を描く

一本束からはぐれた髪の毛を描くことでキャラクターの印象が変わります。

この一本を描くと風に揺られてる感じが出たり、ふわっとした躍動感も出ます。

ここを妥協せずに描くと魅力的な髪の毛になりますよ。

髪の描き方はこれで終わりですが、塗り方に特化した記事もあるのでそちらもあ一緒にご覧下さい。

またほかにも様々な描き方の記事を書いているので、是非見てくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は髪の描き方について解説していきました。

ポイントを全て記述すると、

  • 髪の束を紙として捉えて描く
  • つむじを決める
  • 髪をブロック分けする
  • 前髪を直線的に描かない
  • 毛先を広げる
  • はぐれ髪の毛をかく

以上が髪描き方になります。

パート2もあるのでそちらも参考にしてみてください。主に塗り方が中心です。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

About the author: 冬乃春雨

Leave a Reply

Your email address will not be published.