【足の描き方】図形を駆使して足を描こう!

みなさんこんにちは
冬乃春雨です。

足って結構いびつな形してるからめちゃくちゃ描きづらいと思います。

しかし図形を駆使して使うことで足を簡単に描くことができます。

今回は足を簡単に描く方法を紹介します。

それでは〜…

【足の描き方】足を図形で捉える

まず足を簡単に描くためには足を図形でとらえる必要があります。

図形で捉えることによって足を簡略化できます。頭を描く時や体を描く時もアタリを描きますよね。

その容量で足にも当たりを描きます。

なので図形を描いていきますが、足の形をしっかり知らないといけません。

足は上から見ると

こんな感じの三角形になります。

上から見るとかかとが頂点で指が底辺です。

その時なるべく親指側を鋭角にしましょう。

おして足を前から見ると

このような三角形になります。(右足)

これを基準として描くと足の形がわかりやすくなり描きやすくなります。

この2つの三角形を組み合わせるとこうなります。少しわかりづらいかな?

このような複雑なものはまず簡単な図形にしてしまうことを基本にすると楽ですね。

【足の描き方】足を描く上での注意点

足を描く上での注意点は2つしかありません。指の付き方と足の凹みです。

このふたつの形を抑えていると足らしく見えるのでしっかり覚えてください。

【足を描く注意点】足は前から見るとアーチ状になっている

足に指をつけるときは注意してください。

指は人差し指を頂点としてアーチ状についています。

地面をしっかり掴んで蹴れるように作られています。ここら辺の細かいところにも気を配って描いてみましょう。

【足を描く注意点】足は内側のへこみ方が深い

これはわかると思いますが、靴でも内側の方が凹みが大きいですよね。

描くときもしっかり凹ませておきましょう。間違えても反対側を凹ませないでください。

足を横から見ると足の内側は地面に触れていないのに対して

足の外側は地面に触れている部分が多いです。

これを間違えてしまうと化け物になってしまうので気をつけてください。

【足の描き方】肉付けをする

では上で述べた注意点を意識しながら足を描いていきます。

まずは踵からですが、踵は地面に触れると設置面は平らになります。なのでなるべくまっすぐ描いていきます。

内側の凹みを描く時は少し内側に凹ませた後

交あわせるように線を描くと凹んでいるように見えます。

その後母指球を描きます。

足の甲はなめらかに指まで繋げてください。

後はなるべくアーチ状に、尚且つ人差し指が一番長くなるように指を描いていきます。

この時地面を掴んでいるように描いてください。

恐らく手を描くのに慣れていて指を反りがちになってしまいますが、上でも説明した通り足の指は地面を掴めるようになっています。

この掴んでいるような表現はイラストに重力を与えてくれるのでこのように描くことをおすすめします。

もちろん直立の場合です。

これで足が完成しました。

足の形を図形で理解すれば、簡単にかかるのでみなさんも是非挑戦してみてください。

他にも描き方の記事を書いているのでぜひ読んでみてね!

まとめ

いかがでしたか?

今回は足の描き方について解説していきました。

ポイントは足を図形で簡略化して、指をアーチ状にするなど形をしっかり表現することです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

About the author: 冬乃春雨

Leave a Reply

Your email address will not be published.