【聞き上手になる方法!】これを実践すれば確実に聞き上手になれます。

みなさんこんにちは
冬乃春雨です!

「聞き上手になりたい!」

「でもどうやって聞き上手になれるのか?」

そんな悩みを抱えている人は多くいると思いますし、YouTubeの恋愛系のチャンネルには聞き上手がモテるなんてこともよく言われます。

さらに聞き上手になれば、仮に話すのが苦手でも人とのコミュニケーションを潤滑にすることができます。

聞き上手になることによって生じるメリットがない分、なるのはかなり大変な作業なんですよね。

ということで今回は聞き上手になる方法を紹介したいと思います!

それでは〜・・・

聞き上手になる方法

聞き上手になるためには「聞き上手のポイント」を押さえて実行すれば、確実に聞き上手になります。

基本的これから教えるポイントを会話の中で自然にできれば簡単になれますよ。

まぁ会話で自然に盛り込むのが難しいんですがね、、

なのでおすすめなのはこれから難易度別に紹介するので簡単なものから真似して言ってください。

慣れて、無意識にできるようになったら次のステップに行きましょう。

それを繰り返してできることを増やしていってください!

【聞き上手になるステップ1】相槌を適切に打つ

相槌を打とう!っていうのはよく聞く話なので新鮮味がないかもしれませんが、そんな低レベルで終わるつもりはありませんよ

確かに相槌は重要です。

会話において相槌を打つのは大前提です。相槌がないと相手が聞いてくれるのか不安になりますからね。

しかし、相槌を打っていても「これ聞いてないな」と思われてしまう相槌の仕方があります。

例えば、、、

この前春子がこんなことしてね、それで私がこうしたらさ・・・

うん、うん。うんうん。うん。うーん。うん。

これ絶対聞いてないよね。笑

こんな相槌されたら「いやお前聞いてないだろ」って確実にツッコミ入れるところですね。

ここから分かるように、同じ相槌を連続で使ってはいけません。

なので相槌の種類は多く持っておくといいですよ。

「うん・はい・へー・なるほど・確かに・分かる・そーなんだ・あー」とかね。

軽く挙げただけでこれだけ思いつくから簡単ですよね。

相槌の注意点はこんなもんですが、みなさんには相槌の進化系をお教えします。

それはさっき相槌の例で挙げた「確かに・分かる」を進化させたものです。

この二つの共通点は「共感」です。

この共感というのはコミュニケーションに絶大な効果を与えてくれます。

それでは相槌の進化系とは何かというと、「相槌の代わりにエピソードを話す」ということです。

例えば

この前ボーリング行って初めてターキー出しちゃった!

えーすご!確かに僕も初めて連続でストライク出した時はめっちゃ嬉しかった!

こんな感じです。

これは省略すれば「分かる」と一緒の意味です。

しかしその「分かる」の一言をエピソードに変えることによって、共感が具体性を帯びてきます。

ここまでできて初めて相槌は効果を発揮します。

相槌でコミュニケーションは成り立ちますが、成り立たせ続けること不可能です。

それを実現するのはこちらの具体的なエピソードということになります。

【聞き上手になるステップ2】表情を豊かにする

これ聞くと当たり前だなと思うんですけど、できてない人がほとんどですね。

どうでもいい話をされている時に表情をつけていますか?

この表情をつける行為も「あ、この人ちゃんと聞いてくれてる」と感じさせることができます。

でもつまらないものには笑えないし、悲しいものにはどんな顔すればいいかわかりませんよね。

でもこれも簡単に適切な表情にすることができます。

その方法は相手の感情を誇張した表情にすることです。

相手が悲しい感情をあらわにしたら悲しい顔をする。嬉しそうに話したら笑う。

結構簡単じゃないですか?

さらに表情を作るコツもあります。

それは眉毛です。

眉毛を動かすだけで表情は作れます。

てか眉毛が顔の印象を決めているので感情に合わせて眉毛を動かせば全く問題ありません。

表情を豊かにして相手に不快感を与えないように心がけてください!

【聞き上手になるステップ3】体勢を工夫する

ここまで相槌と表情について解説してきました。

そのどちらもが相手に「聞いてくれてる感」を与えるものです。

今回も同じように相手が「聞いてくれてる」と思ってもらえるようなものです。

それが体勢なんです。

ではどんな態勢がいいのか?

それは相手との位置関係によります。

例えば相手が目の前に座っていたら、肘をつけて身を乗り出して話を聞きましょう。

なぜこれがいいかを考えるのは逆をやってみると明確です。

相手が背もたれに寄っかかりながら浅く座っていたらどうでしょか?

なんかだるそうに聞いているみたいですよね。

もし相手が横にいる場合は、相手がいる側の自分の腕を必ずブロックさせないようにします。

腕で体を隠さずに体の方向も相手に向けましょう!

その時足先の向きも相手に向いているといいですね。

この態勢を意識することによって、興味があるのかないのかが丸わかりなんです。

興味を示せば前のめりになるし、体も自然と相手の方向に向きます。

態勢を意識して売るのは相手に興味を示すためですね。

聞き上手だけでは聞き上手になれない

この見出しを見て「今まで解説してきたのはなんなの?」と思いますよね。

でも考えてみてください。

こちらがするのは「相槌、表情、体勢」の三つです。

これって自分から話しかけないんですよね。

しかも話題を振っているわけでもないし、相手が勝手に話して相手が自由に話している場合だけですよね。

その一つの話を終えたら会話話続かなくなります。

そうなんです。

「相槌の進化系」で話した通り、会話成り立つけど、「会話を成り立たせ続けられない」んです。

これまで書いたことは「どうやって聞くか」ですが、今から解説するのは「何を聞くか」です。

つまり「聞きだし上手になる事」なんです!

聞き出しが上手ければ会話は成り立ちますし、相手は話す内容が尽きず、「聞き上手効果」で不快になることもありません。

ここまできて初めて聞きぞうずになれるので「聞き出し上手になる方法」も合わせて見ていってください。

【聞き出し上手になるステップ1】5W1Hを意識せよ!

まぁこれはよく聞く話ですよね。

正直当たり前すぎて描くのもためらいますが、これは会話の基本ですよね。

相手が「YES、NO」で答えられる質問はしないで、文章でしか答えられないことを聞き方をします。

また話題は常に「誰がいつどこでなぜ誰と何をどうした」になることがほとんどです。

てかこれしかないですね。

話し始めの質問としてはこれが一番大切です。

【聞き出し上手になるステップ2】五段階欲求を満たす

まず五段階欲求ってなんだよ?

って思いますよね。

これマズローって人が提唱した人間の欲求を五段階に分けたものです。

ピラミッドの下層ほど全ての人に当てハマり、上層になると当てはまる人が少なくなっていくというものです。

人はこれらの欲求を満たしたいと思って普段生きています。

会話の話題もこれらを用いてするととても効果的です。

  • 生物的欲求・・・美味しいお店の話題や物の魅力。下ネタはNG
  • 安全の欲求・・・暮らしの話題や貯金など
  • 社会的欲求・・・人間関係の話題
  • 承認欲求・・・経験の話題
  • 自己実現欲求・・・夢や目標の話題

この中の安全性の欲求だけは親しい間柄でなければできませんが、他は絶対に外しません。

これを基準に聞き出す内容を考えてみるのも選択肢の一つです。

【聞き出し上手になるステップ3】感情を引き出す質問をする

ここから一気にレベルアップしますよ!

相手の感情を引き出すためには相手が興味関心のある内容について質問しなければいけません。

それを見極めてそれに対する質問をすれば相手のプラスの感情を引き出すことができます。

例えば相手に推しがいたらその話を振る、はまっているYouTuberがいたらどんな内容なのか聞く。

このように相手の興味は人によってかなり異なり、さらに時期によってもかなり違いますよ。

仕事にの話に興味を持つ人もいれば、それを話したくない人もいます。

ではどうやってそれを見分けるかというと相手の声のトーンを聞き分けましょう。

興味のある話題になるとテンションが上がり、声のターンも高くなります。

最初は難しいかもしれませんが、慣れてくると分かるようになってきますよ。

相手の感情を見極めて質問を展開していきましょう。

【聞き出し上手になるステップ4】経験を引き出す

最後は経験を引き出しましょう!

これはさっきの五段階欲求でいう承認欲求を満たすことになります。

現代では承認欲求が人間の生活においてかなり勢力を伸ばしてきました。

特に影響が大きかったのはSNSの発展ですよね。

SNSをよく考えてみると、「自慢」や「自分の経験を語る」人が多いのがわかります。

中には自慢したくても「自慢してんじゃねーよ」と思われるのが怖くて自慢できない人もいます。

そういう人に向けて自慢できる言い訳を作ってあげましょう。

つまり「相手に聞かれたから話すだけだし、自慢していいよね」という言い訳を作ってあげます。

そうすると相手はペラペラ話すし、得意なことや自慢したいことを話せればそれだけで楽しいと思ってもらうことができます。

なので相手の経験や自慢を引き出してみましょう!

聞き上手の本質

これまで色々な聞き上手になるための方法を解説していきました。

しかしそれら全てに共通する本質があります。

聞き上手の本質は「相手の言いたいことを言わせること」です。

これさえ理解していれば今回話した方法以外にも自分なりの聞き上手理論が構築されていくと思いますので自分でし拘束後をやってみてくださいね!

まとめ

いかがでしたか?

今回は聞き上手になる方法について解説していきました。

相手の言いたいことを言わせられるように色々実験してみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

About the author: 冬乃春雨