絵が下手で辛いと嘆くあなたへ

みなさんこんにちは
冬乃春雨です。

「絵を描くのが辛い」

「絵を描くのを辞めたい」

「他人と比較してしまって劣等感が生まれてしまう」

「自分才能ないのかなぁ」

そんな悩みを抱える人は多いと思います。

私が学生の頃は絵がうまい部類として過ごしてきましたが、SNSを通じて絵上手くないんだなと悟ってしまいました。

今回は絵を描くのが辛いと劣等感を感じてしまう人のためにこの記事を描いていこうと思います。

それでは〜…

絵が下手だと思う人に伝えたい絵の大前提

絵の価値は他人と比較して決まらない

自分の絵と他人の絵を比較してしまうととても辛いですよね。

私も比較して辛くなった時期がありました。

学生の頃から絵の上手い部類で過ごしてきましたが、学校という狭い世界しか知らなかったんです。

だからこそ自分より上手い人の絵を見て劣等感を生んでしまっていました。

「私は絵が下手だ」って

でも私は絵を描くのが好きだから続けてきました。

「絵を描くこと」自体に価値を見出していました。

上手く描くことが価値ではないんです。

絵を描くことはとても尊い行為なんです。

理由は簡単です。

なぜなら「絵は自分の世界を創造する行為」だからです。

自分の世界は他人との比較で決まるわけではありません。

自分の経験や性格、周りの環境で少しづつ形作られ、絵は完成していきます。

「自分の世界を作る行為」と思っていない人は比較をすることでしか価値を見出せません。

これをきっかけに絵の本当の価値に気づいてくれると嬉しいです。

絵を描くことにそもそも意味はない

私たちの趣味を真っ向から否定する見出しですね。

でも考えてみればそうですよね。

絵がなくても物理的に死ぬわけではありません。

生活必需品の枠には入らないのでそもそも「どんな神絵師が描いた絵」も「どんなに下手な人が描いた絵」も存在する意味なんてないのです。

じゃあ何を基準で考えるか?

意味がないなら前章の「価値」で考えます。

「意味はないけど価値はある」

絵とはそんな言葉がぴったりな行為なのです。

絵を描くのが辛くなってしまう原因

そもそもなぜ辛くなってしまうんでしょうか?

やはり最大の理由としては「他人との比較」ではないでしょうか。

あと想像できるのは「SNSで評価されない事について」だと思います。

どちらも現代ならではの悩みです

昔は人の絵を見る機会が多いわけではないし、評価されるわけでもない。

それこそ自分との戦いだったわけです。

現代の絵描きに取り巻く環境は一昔前とは全く違うものです。

さらに思慮深い人が思う悩みもあります。

「上手くて羨ましい。ずるいって思うけど、きっと相当な努力を積み重ねてきたんだろうな。」

相手の努力を想像してやきもきした気持ちになってしまう。

そんな優しい悩みもあると思います。

では辛くならない方法はあるのでしょうか?

絵が下手でも辛くならない方法

評価や他人と比べないようにするにはどうしたらいいか?

その解決策や方法をいくつか紹介します。

心理学を学ぶ

自分の心を制するには心理学を学ぶのが一番です。

悩みは必ず心で起こります。

さらにその悩みの原因となるものも大方決まっているんです。

それに言及したアドラーという心理学者がいます。

その人の心理学をわかりやすくまとめているのが「嫌われる勇気」「幸せになる勇気」という本です。

劣等感を抱える人にとって新たな考え方を得ることができます。

私もこの本を読んで、悩みから解放された経験があります。

この本の内容を少し紹介すると、「全ての悩みは対人関係」という言葉があります。

誰かと比較して悩んでしまっている人には理解が可能ではないでしょうか?

アドラー心理学を取り入れている人は最近よく見かけます。

自分とは違う考え方を学び、悩みを解決してみてください。

一回絵から離れる

一回始めたらやり続けなきゃ!と思い人もいると思いますが、一回離れてもなんの問題もありません。

辛いなら無理にする必要はありません。

あとの距離をとって「また描きたい」と思う日が来るまで別のことをした方が時間の無駄になりません。

  • 旅行をする
  • 別の趣味を見つける
  • 友達と飲む
  • 体を動かす
  • ゲームをする

なんでもいいです。

絵を忘れられる何かに没頭してください。

心の底から楽しんでください。

人間の脳みそは嫌なことは忘れるようにできています。

だから悩みを一旦リセットしましょう

さらなる努力を積む

これはあまりオススメはしません。

なぜなら辛いけどさらなる努力を積み重ねようとする人はこのページにはたどり着きません。

そういう人は勝手に努力してます。

なのでもしかしたらこの方法は合わないかもしれません。

しかし劣等感を感じさせなくするには一番成果が現れるものだと思います。

もし夢があり、それに向けて頑張りたいと少しでも思うならこの方法をお勧めします。

以下の記事にどんな努力をすればいいか書いた記事を貼っておきます。

興味のある方はこちらを読んでみてください。

絵が辛いなら辞めてもいい

しかしもうすでに辞める方に心が傾いてる方もいると思います。

そういう人を止める気はありません。

絵を描くことは言ってしまえばただの趣味です。

それ以外の何者でもありません。

辛いだけの趣味なら辞めても構いません。他の趣味を見つけるのもいい方法でしょう。

あなたの未来を決めるのは今のあなたです。

未来のあなたが後悔しない選択をしてください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は絵を描くのが辛いと感じる人に向けて書きました。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

About the author: 冬乃春雨