あなたの絵が上手くならない理由!

一度は感じたことはありませんか?

「絵が上手くならない!」

なぜ上手くならないのか?

そこには必ず理由があります。

今回はそんな理由を解説していきます。

それでは〜…

時間をかけてない

「時間をかけてない」には2種類あります。

  • 一枚に時間をかけない。
  • 毎日描かない

この2パターンです。

一枚に時間をかけない

必ずしも細かな絵がいい絵というわけではありません。

「一枚に時間をかけない」の本当の意味は「納得いくまで描き直さない」にあります。

少しでも「あれここ違うな?」って思っても、「でも後ろはぼかすしいっか!」ってなってしまっているなら辞めましょう。

それでは自分が求める領域まで到達しません。

ぼかすとしても必ず納得いくまで描いてください。

次に同じものを描く時、もっと早い時間で描き上げられるはずです。

長い目で見ると時間をかけた方がその描き方に慣れて結果時間短縮にも繋がります。

一枚に時間をかけることは「絵描きとしての2つの能力」

  • 正確性
  • 時間短縮

という能力を手に入れることができますので、ぜひ時間をかけて描いてください。

毎日描かない

絵が上手くならない理由として毎日描かないも挙がります。

社会人で一人暮らしの人はなかなか時間が取れないかもしれません。

しかしいつもスマホを見る30分、テレビを見る1時間、そういう細々した時間を絵に当てれば必ず毎日描けます。

奪われるだけの時間を将来のための時間にするかはあなた次第です。

私も絵を一年間毎日描き続けました。

どうなったかは下の記事をご覧ください↓

毎日描くことで実力も上がっていきます。

模写をしない

これはめちゃめちゃよく言われる事です。

イラストが上手くならない最大の理由はこれかもしれません。

私も学生の頃から何回も漫画のキャラクターを模写してきました。

その度に絵が上手くなっていきます。

模写ってなぜそんなにいいと言われてるのか理由はわかりますか?

それは「暗記」です。

絵を描く時にどんな形をしているのか脳内の解像度を上げ、さらに描き方を手に覚えさせるという作業が模写なのです。

描き方を覚えればかけるものが多くなるのは当然です。

逆にそれをしなければ上手くなることはありません。

観察しない

最後に「観察しない」です。

実際に存在するものでもいいですし、好きな絵師さんでもいいのでものをよく観察してください。

そして「なぜそうなってるのか」を考えましょう。

例えば

「手はなぜこんな曲がり方をするのか。その答えは骨にあるかもしれない。骨の構造を理解しよう」

「なぜこの絵師さんの絵はこんなに魅力的なのだろう。もしかしたら影があるから光が映えるのかもしれない。他の絵師さんも同じか見てみよう」

こんな感じで観察した後に「なぜ」を問いてください。

その理由を探し、仮説を立て、実験し、失敗したら次の仮説を立てる。

その繰り返しこそ絵が上手くなるための方法です。

まとめ

いかがでしたか?

今回は絵が上手くならない理由について解説していきました。

  • 時間をかけない
  • 模写しない
  • 観察しない

誰かに当てはまった人は成長速度は遅いです。

全部同時にやりましょう。

それができないのであれば2つずつでも構いませんので確実な一歩を踏み出してください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

About the author: 冬乃春雨